鍛えるべき横隔膜!あなたが変身する180秒が今始まる!

どーも!みなさんこんにちは!

最近スクリーンショットを覚えた男SHOHEIです!Twitter→https://twitter.com/PuRi821

今日は

横隔膜

について書いていきます!

横隔膜なんて言葉は普段なかなか聞きませんよね。

焼肉屋さんに行った時にやっと聞くようなフレーズですよね。

そんな横隔膜

もう、絶対知っておいて下さいね。この際。

凄く凄く体で大切な場所です

その横隔膜を知り、更には鍛える事であなたの体にとても良い変化をもたらすのです。

わずか3分で読めて体がグレードアップします。

20秒が経過しましたね。

では残りの2分40秒でその本質をみていきましょう!

ではスタートです!

1:横隔膜って何?

横隔膜は筋肉です

有名な上腕二頭筋大胸筋などと同じジャンルです

心臓や内臓も筋肉ですが、別のジャンルです。

なんとなく横隔膜のイメージとしては内臓という認知をされがちですが、内臓とは全くの別ものです。

横隔膜は内臓と肺を隔てている、筋肉です。

しかも自分の意志で動かせる事が可能なのです。

1ーa:自分の意志で動かせる筋肉

横隔膜は随意筋といって、自分の意志で動かせる筋肉です。

  • 随意筋→骨格筋(上腕二頭筋や大胸筋)
  • 不随意筋→平滑筋、心筋(内臓や心臓)

横隔膜は随意筋と今ここで覚えておきましょう

横隔膜は自分で動かしてケアしないと、気付かないうちに体は体幹から硬まっていきます。

膝下O脚を矯正!寝ながら簡単30秒ストレッチ!

2017.09.20

1ーb:主な役割

横隔膜の主な働きは、呼吸に伴い肋骨を動かす事です。

ではその働きを動画をみて横隔膜のイメージを深めていきましょう。

MMCマッスルマインドコネクション)といい、頭の中で鍛えたい筋肉がイメージできていると、筋肉に効率よく刺激が入るのです。

次に説明するエクササイズに備えてしっかり見ておきましょう。

1ーc:横隔膜を鍛えるメリット

横隔膜を鍛えるメリットは大きく分けて3つある。

  1. 呼吸を深めて精神の安定
  2. 頭頸、手脚が使いやすくなる
  3. 外観がキレイになる

【解説】

1→自然と一回の呼吸が深くなり、自律神経を整い精神が安定します。

2→横隔膜は中心に存在し、身体の動きにいち速く事前反応する事で頭頸、手脚への運動伝達を滑らかにします。

3→前方に飛び出た肋骨が沈み、外へ広がった骨盤は引き締まります。広い胸と形の良い骨盤へと外観が変化します。

精神、機能、外観

多岐に渡ってあなたの体にメリットをもたらしてくれます

では、実際にその横隔膜を鍛える方法をみていきます。

O脚の私が大腰筋を動かして身長を2.4cm伸ばした方法!

2017.07.20

2:横隔膜を簡単に鍛えよう

まずは見える化です。

画像や動画をみて何度も自分の体に落とし込みイメージします

ボディスキャン)という瞑想の一種です。

横隔膜は身体の奥に存在する為、集中してボディスキャンしない限り感覚を得るのは難しいのです。

慣れてくるとエクササイズ時に頭の中でイメージする事が可能になり、その効果をより良いものにしてくれるでしょう。

【画像】

【動画】

2ーa:口にテープを貼って寝る

口にテープを貼って寝ると強制的に鼻を使った側方呼吸になるので

寝ている間に横隔膜を鍛える事ができます。

【参考文献:健康でいたければ鼻呼吸にしなさい】著者:今井一彰

時間がない人には簡単で効率的なのでおススメです。

ですが自分自信で集中し、横隔膜の動きを感じ取る事はしないので、時間に余裕があり、鍛えるレベルを上げたいあなたは次のエクササイズもやってみましょう。

2ーb:Driving up

横隔膜を本格的に鍛える方法です。

エクササイズ中も集中したボディスキャンが必要です。

⇩Driving up⇩

 

3:まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段馴染みのない横隔膜。その重要性が少しでも伝わったのであれば幸いです。

横隔膜を見つけた瞬間、あなたの頭の中で【快楽】に近いような【快感】が弾けるでしょう。

まるで長い間探し続けていた、何かが見つかった瞬間のような。

それほど大切な部位なのです

あなたにも【快感】を味わって欲しい。

鍛える事で手に入るメリットも獲得し、人生を豊かにしてほしいです。

はい!3分終了!

え、だいぶオーバーした?

じゃあ、、ご愛嬌ということで。笑

最近スクリーンショットを覚えたSHOHEIでした!

〜最後に〜

★友達追加でアンチエイジングやO脚改善の【秘訣】&【コツ】を限定無料配信!!

友だち追加

↑クリックしてね♪↑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です