10年運動不足でもOK!美腹筋をつけるエクササイズ紹介!

どーも!みなさんこんにちは!

思い出し笑いを他人に見られる確率が高いSHOHEIです!

突然ですが、スタイル良くしたくありませんか?

じゃあピラティスをオススメします!!

美しい腹筋を身に付けたくありませんか?

じゃあピラティスをオススメします!!

はい。本当にピラティスは体に良いです。

あまり知られていないのがちょっと残念。いや、だいぶ残念。

しかし、近い将来めちゃブームが必ず来ます。

あなたは先駆者として今この瞬間からピラティスを知り

ライフワークを充実させる為に、いち早く取り入れる事を強くお勧めします。

さて今回はそんなピラティスのマットで行うエクササイズワークの代表とも言える

チェストリフト

というエクササイズをご紹介していきます。

チェストリフトは腹筋を強化する目的があります

美腹筋を手に入れたいあなたは是非最後まで読んで下さいね!

*以前からO脚ラボの記事をご覧になっているあなたへ

この内容はO脚改善でいう【軸を整える】ジャンルになります。

1:チェストリフト

  • 〈レベル:初級(ファンデーション)〉

スタートポジション

  • 仰向けに寝て、膝を曲げる。足の力を抜き、手を組んで頭の下に置く。

動作

  • 息を吸う:準備。
  • 息を吐く:上体を起こす。
  • 息を吸う:起こした所で姿勢をキープ。
  • 息を吐く:上体をスタートポジションに戻す。

鍛える筋肉

  • 腹筋群

目的

  • 腹筋の強化
  • 骨盤の安定

ポイント

  • なるべく骨盤は動かさない
  • 最後まで内転筋を使う
  • 頭と脊柱を一直線に揃える
  • みぞおちを支点に折り曲げ、肩甲骨がマットから離れる所まで体を上げる

2:実際にやってみよう!!

↓↓参考動画↓↓

回数の目安

集中してポイントを意識した状態で

1日8〜10回行いましょう。慣れてきたら体力と相談しながら回数を増やします。

8〜10回程度なら毎日行っても良いでしょう。

しかし20回、30回する場合は1日休憩を挟み筋肉を休憩させます。

3:まとめ

いかがでしたでしょうか?

チェストリフトはただ単に腹筋を強化させるだけでなく

呼吸を動員し、骨盤、背骨の動きをイメージする事で

奥深くに存在するインナーマッスル主体の動きを引き出しているのです

闇雲にガンガンする上体起こしでは体の表層にあるアウターマッスル主体となります。

そのやり方もあって良いものなのですが、しなやかな体と機能性を高める目的のある

ピラティスとは別物になります。

(腹部インナーマッスルの代表:腹横筋)

インナーマッスルが強化されてくると自然と見た目も美しくなって行きます

それだけではありません。

軸が整うので体にかかっていた負担も最小限となり疲れにくくなります

美腹筋も獲得して、疲れ知らずな体も手に入れる

そんな一石二鳥のエクササイズのピラティスをあなたにも是非続けてほしいです!

思い出し笑いを他人に見られる確率が高いSHOHEIでした!

〜最後に〜

★友達追加でアンチエイジングやO脚改善の【秘訣】&【コツ】を限定無料配信!!

友だち追加

↑クリックしてね♪↑

Black Studio TinyMCE Widget

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です